兵庫県災害対策センター
お知らせ

【関西広域連合】関西 感染防止と社会経済活動の両立宣言
【2022/06/25更新】

 本日、第32回関西広域連合新型コロナウイルス感染症対策本部会議において協議を行い、「関西 感染防止と社会経済活動の両立宣言」を発表しました。

 新規陽性者数は、下げ止まりの傾向にあります。
 一方で、感染予防に努めながら地域のにぎわいを取り戻していくことも必要です。気を緩めることなく、引き続き、積極的なワクチン接種や、一人ひとりの基本的な感染対策の徹底をお願いします。

ワクチンの積極的な接種
○積極的な追加接種とともに、1・2回目の未接種者も接種をご検討ください。
○若い人が感染した場合でも、重症化するリスクや後遺症が長引くことがあります。
 ワクチンには感染予防や重症化予防効果がありますので、できるだけ早く接種をお願いします。

リスクの高い行動の回避
○イベントや行事への参加を過度に控える必要はありません。人混みや大声での会話などによる感染リスクに注意しながら参加しましょう。
○発熱等の症状がある場合や体調に不安がある場合には、家族を含めて外出を控えてください。
○飲食店の利用の際は、出来る限り認証店を選んでいただくとともに、会話時はマスク着用をお願いします。

基本的な感染対策の徹底
○3密の回避、手洗いや手指消毒、換気など、基本的な感染対策の継続をお願いします。
 特に家庭内、高齢者施設や社員寮等の集団生活、スポーツなど近距離で人と接する場面では、徹底してください。
○次の場面では、マスクを適切に着用してください(不織布マスクを推奨)。
  屋内:会話を行う場合、会話はなくても人と十分な距離が取れない場合
  屋外:人と十分な距離が取れない状態で、会話を行う場合
○発熱、咳、のどの痛みなど少しでも体調が悪い場合は、家族を含めて通勤・通学・通園をやめ、医療機関に電話のうえ受診してください。企業・学校等での休みやすい環境整備をお願いします。

令和4年6月25日
関西広域連合新型コロナウイルス感染症対策本部



スマートフォンアプリはこちら
団体のトップへ戻る
問い合わせ fcs@bosai.net
避難に関する情報はこちら!
戻る
ひょうご防災ネットトップページへ
言語選択メニューへ