兵庫県災害対策センター
お知らせ

兵庫 うつらない・うつさない 宣言
【2020/08/03更新】

兵庫 うつらない・うつさない 宣言
〜県境をまたいだ行動に注意しましょう〜

新型コロナウイルスの兵庫県での一日の感染者数が60人を超える日があり、但馬地域での感染も確認されるなど、県下全域での感染拡大が懸念されます。
最近は、県外のクラブや、カラオケ、飲食店での会食で感染した患者が、その家族・同僚の感染源となるケースが数多く見受けられます。 
これからお盆休みを迎える時期にあり、県境をまたいだ行動に特に注意する必要があります。
県民の皆様には、改めて次のことについて、取組の徹底をお願いします。

【県民の皆様へ】
○感染が再拡大している地域への不要不急の移動を自粛しましょう!
 特に、県境をまたいでの、接待を伴う飲食店、酒類の提供を行う飲食店、カラオケ等の利用を控えましょう!
○お盆に県外から帰省客を迎える際には感染防止策をしっかりととりましょう!
○感染防止対策がなされていない施設の利用を控えましょう!
 大人数での会食や飲み会をやめましょう。大声での会話もやめましょう!若者グループは特に注意してください。
○高齢者や基礎疾患のある人は、不要不急の外出を控えましょう。
○「3密」の回避、マスクの着用など、「ひょうごスタイル」に取り組んでください。

【事業者の皆様へ】
○ガイドライン等に基づく感染防止対策を徹底し、「感染防止対策宣言ポスター」を掲示してください。
○「兵庫県新型コロナ追跡システム」への登録と、施設内でのQRコードの掲示をお願いします。
○在宅勤務(テレワーク)、TV会議、ローテーション勤務等により、出勤者数の削減をお願いします。

感染拡大防止には、県民の皆様、事業者の皆様一人ひとりが「うつらない・うつさない」との強い思いで取り組むことが大切です。一層のご理解、ご協力をお願いします。

令和2年8月3日
兵庫県知事 井戸 敏三



スマートフォンアプリはこちら
戻る
団体のトップへ戻る
問い合わせ fcs@bosai.net
避難に関する情報はこちら!
戻る
ひょうご防災ネットトップページへ
言語選択メニューへ