神戸市(安全・安心情報)
お知らせ

南海トラフ地震津波一斉避難訓練の実施について(11月5日)
【2018/11/02更新】

神戸市危機管理室より、お知らせします。
11月5日(月)10時から、兵庫県内の瀬戸内海沿岸及び淡路島の市町において、南海トラフ地震を想定した津波一斉避難訓練が実施されます。
神戸市では、当日10時00分に、市内の防災行政無線により「訓練 緊急地震速報」を放送します。
また、10時02分ごろに、津波からの避難を呼びかける「緊急速報メール(エリアメール)」が発信されます。携帯電話端末をマナーモードにしていても着信音が鳴る場合がありますのでご注意ください。
防災行政無線と緊急速報メールは、沿岸部だけでなく神戸市内全域が対象となりますので、防災行政無線の屋外スピーカーから流れる放送をきっかけに地震から身を守る安全行動や、ご自身の携帯電話が緊急速報メールに対応しているかどうかの確認を行いましょう。
津波浸水想定区域内にお住まいの方や企業のみなさんは、この機会に、避難訓練や避難場所の確認などを行い、もしもの時に備えましょう。

(参考)神戸市ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/safety/prevention/preparation/drill/30tsunamidrill.html
(参考)兵庫県ホームページ
https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk42/h30_tunami_kunnrenn.html


【担当】神戸市危機管理室 078-322-6456



スマートフォンアプリはこちら
団体のトップへ戻る
問い合わせ fcs@bosai.net
避難に関する情報はこちら!
戻る
ひょうご防災ネットトップページへ
言語選択メニューへ